So-net無料ブログ作成

ポタリング・フォト [写真]

R.jpg ポタリング・フォトは楽しい。
 確かに、自由度、気楽度、その場の空気の楽しみ度は二本足での散歩写真に差をつけられちゃいます。
 しかし、反対に機動力、アドペンチャー度、体に良い事した度はポタ・フォトに軍配が上がるんじゃないでしょうか。

 京都や奈良の色々な所を一日で廻りたい、次回の散歩写真のロケハン、この道は何処につながっているのか?、この川の上流にはどんな風景があるのか?なんていう欲求を手軽に満たしてくれるのがポタ・フォト。
 
 機動力と云っても自動車や電車、バスにも敵いませんが、自力でペダルを漕ぎながら風に吹かれて(時には陽射しに焼かれながら…)プラプラ走るのは気持ちの良いものです。
 知らず知らずに距離が増え、『もう、こんなに走っちゃったの。写真そんなに撮ってないけど帰ろう』なんてのもご愛嬌。自分がリフレッシュ出来れば良しとします。

 ポタリング・フォトを始めたことによって、散歩写真のバリエーションが増えたのは嬉しい事です。
その日の気分や目的によってカメラ、レンズ、フィルムを替える様に『足』か『自転車』と選択するのも面白い?と思いませんか。

大和.jpg
Photo with CONTAX T2

ツール・ド・フランス [自転車]

photo_0706_02.jpg


ツール・ド・フランスに嵌っています。
このところ、その為に寝不足気味です。
会社から帰ると、夕食、お風呂をそこそこに、飲み物と食べ物をリビングに持ち込み、
観戦体制に入ります。

しかし、面白い。競技としても魅力がありますが、180人の集団で競い合う際に織り成す
人間模様。
歓喜、絶望、信頼、裏切り。引き込まれます。
知らず知らずに『そう来るかーっ』『あんたは化け物か!』等、家人の迷惑を顧みず声を
張り上げて応援している自分に気づきます。
見れば見る程、奥の深い競技です。もし、暇があれば覗いてみて下さい。面白いですよ。
(長いけど…)

ゴール地点パリのシャンゼリゼまで後、僅か。最後まで、この集団を応援していきたいです。

おっと、本日の放映が始まりました。それでは!

photo_0715_01.jpg




暑中お見舞い申し上げます。

壁002.jpg
Photo with CONTAX T2

チョッと早いですが『暑中お見舞い申し上げます。』

こちら関西では高温多湿な日が続いております。みなさん、体調はいかがですか?
私は寒さには、めっぽう弱いですが暑さには耐性があるようで頑張っております。

みなさんもそれぞれ夏の計画があることでしょう。体調管理に気をつけてお互いに頑張りましょう。

因に私は愛車プロンブトンで、この夏に琵琶湖一周の計画を立てております。
はたして、達成出来るのか?

仏さま その六 [写真]

長谷01.jpg
Photo with CONTAX T2

CONTAX T2を持って、長谷寺へ行ってきました。
天気は生憎の曇り空。初撮りには厳しい条件でした。

しかし、結果は私的には大満足。
曇天、暗がりの悪条件の為、噂の濃厚な色乗りこそ見れなかったものの、この条件で、色再現に関しては『よくぞここまで』と思わせてくれました。
晴天下での青い空、新緑、赤ものの撮影が楽しみです。

気になっていたピントに関しても、フィルム一本だけですが中抜けもなく、合格点。
露出もチョッとオーバー目のコマもありましたが、これは撮り手の未熟さといえるレベルだと思います。

概ね大満足の結果でしたが、気になる点は2点。
一点は何故かホールドのし難いボディ。
二点目はシャッターが軽すぎて半押しキープがし難い点が上げられます。
此れ等は慣れが解決してくれるかな?

私の稚拙な作例ではT2写りの良さをお伝え出来ませんが、私的には前記した様に大満足。

愛用のコンパクトカメラのOLYMPUS PEN-SやRollei 35Tとは違った個性を持つカメラの出現に素直に喜んでいます。
遊び道具がまた一つ増えました!


散歩カメラ(その八)CONTAX T2 [写真]

T2.jpg


先日、『CONTAX T2』を購入しました。

動機はいい加減なものでした。
いつもブログにお邪魔するダンさんが『CONTAX TVS DIGITAL』を購入されたと知り、同フィルムTVSを持つ私は好奇心に誘われ、つい、会社の帰りに中古カメラ屋さんを覗いてしまいました。

直ぐに『CONTAX TVS DIGITAL』は見つかりましたが、意外に高価。これは手が出ないなぁと思いながら、チョイっと視線をそらすと件の『CONTAX T2』と視線が合っちゃいました。

『美品』の札のわりには安価。理由を聞いてみると、レンズ等は綺麗だけど前オーナーさんが使い込んだみたいでボディにスレが多い為とか。しかし、最終メーカーオーバーホールに出して整備されてるので調子は良いとの事。
最後の言葉に釣られて現物を見せてもらう事に。

確かにボディのスレは多いものの凹みは無く、傷も無し。レンズカバーの開閉も他の新品同様評価の個体に比べてもシャキシャキ感有り。シャッター音も良好。ファインダーも綺麗。
そして、レンズがともかく綺麗なのが気に入りました。
確かに使い込まれたカメラの様ですが、大切に扱われて来た個体なんだなぁーっと勝手に妄想を膨らませて購入に至りました。

とかく『CONTAX T2』はフォーカスが中抜けするとか、露出が不安定と酷評されていますが、反対に未だにファンが多い一世を風靡した名機。一度チャレンジしてみるのも悪くないでしょう。

と言いつつ、先日、試写を兼ねて奈良の長谷寺へ行ってきました。本日ポジを現像に出しました。仕上がりが楽しみです。



メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。