So-net無料ブログ作成
検索選択

内田光子 クリーヴランド管弦楽団 [音楽]

内田.jpg

 先日、内田光子(ピアノ&指揮)クリーヴランド管弦楽団のコンサートへ行ってきました。
クラシックを聴き始めた頃、内田さんのシューベルトの全集を聴いて以来、是非ともライブでと云う想いが叶いました。

 曲目はディヴェルメントへ長調K138、ピアノ協奏曲第23番、同24番。堪能してきました。

 特に今回は前から3列目の席を確保出来たため、内田さんの鍵盤を叩く指、椅子から立ち上がらんばかりの指揮振りを間近で観る事が出来、圧倒されてきました。

 あまり前過ぎる席は音響的にどうかなぁと思っていましたが、内田さんばかりでなく、楽団員の表情、動きや熱気を感じる事が出来、楽しかったです。

 当分は内田さんのCDを聴き続ける日々が続きそうです。
 
内田02.jpg



 

GXR + A-12 28mm F2.5 [レンズ]

美術館.jpg
Photo with GXR+28mm

真打ち登場です。このレンズユニットの発表以来、首を長くして待っておりました。
昨日は生憎の曇り空ではありましたが試写をしてきました。

いきなり結論。満足です。

まず、画質に関しては
他のライバルとの比較は使用した事が無いのでわかりませんが、
私の使用する範囲では問題ありません。
発色も地味目のナチュラル指向で好みです。
(ただ、晴天下での撮影でないので断言出来ませんが…。)

操作感覚はリコーデジカメを使用している者には、
取説無しで使用出来ます。
特にGRistには問題ありません。

そして、私にとって重要な要素。
カッコイイ!(笑)
特にフード病の私には、フード装着時の姿に痺れます。
後は私の頭の中ではGXRを
レンジファインダークラスのデジタルと認知しているので、
お似合いの光学ファインダーを見つけたく思ってます。

チョイと褒め過ぎな様なので気になった点を…、
AF作動音がうるさい。
マニュアルフォーカスが楽しくない。
マクロ撮影が出来ない。
設定事項が多すぎる。(笑)
と、云った所ですが、最終評価を覆すものではありません。

最後に避けては通れないGRDとの比較…。
結論。ナンセンスです。
全く、楽しみ方の違うカメラだと思います。
一眼レフとレンジファインダーを比べてると云うか…
上手く説明が出来ませんが、そんな感じです。
実際、GXR+28mmを使用して、GRD3を手に入れねばと思いましたから。

リコーさん!
21mmと35mmのレンズユニットを出して下さい。
お願いします。

GXR.jpg




メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。