So-net無料ブログ作成
検索選択
Rollei 35 ブログトップ

少年 [Rollei 35]

石.jpg
Photo with Rollei 35T

 まだ10歳位の少年ですが、
 海を見つめながら考え事をしている後ろ姿は、大人びて見えました。

Rollei 35T [Rollei 35]

0000007.jpg  
 私が散歩撮影にでる際は、お気に入りフィルムカメラ一台(原則レンズ交換の出来るカメラでもレンズは一本)、単体露出計、フィルム2〜3本、コンデジ(GRD、というかコレしかありません)というのが基本スタイルです。
 そのなかでも『今日は気楽に』と思った時に持ち出すことが多いのが『Rollei 35T』です。高級コンパクトカメラの元祖なんて云われていますが、ユーモラスで可愛らしい外観はそんな敷居の高さを感じさせません。しかし、手に取った時のズッシリ感と塊感、中身を見た時の精密感は『ただ者ではない』と所有欲をくすぐってくれます。
 Rollei 35はピントは目測、露出もマニュアル、フィルムを装填するのも大変で撮るのが難しいと思われています。この御意見、間違っているとは云えませんが、チョッと間違っています。前記の操作方法なんて、人間すてたもんじゃありません、一日触っていれば慣れるもんです。写真の巧い下手は別にして、自分が撮りたいと思ったものは一応撮る事は出来ます。確かにフルオートで撮るのと違って『なんじゃ、これは』と云う時もありますが、時々『えー色出てる、露出が大当たり』なんて自己満足に浸れる事もあるんです(時々)。この醍醐味を楽しめる方にはRollei 35は良き伴侶になる事、請け負います。
 自分でも何を書きたいのか、Rollei 35を褒めてるのか貶しているのかが解らなくなってきましたが、機会があったら、このカメラ触ってみてください。
Rollei 35 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。